梨花の保育と教育

子どもたちが主体の保育活動を実践しています

梨花幼稚園の園児たち1

子ども主体の保育とは?

全ての活動が子ども中心であり、子どもが自ら進んで、意欲的に楽しむことができる保育

日々の生活の中で困った時や問題が生じた際に、「その子がどのように問題を解決して乗り越えていくか」が一番重要だと考えています。
そのため、日常保育の中では、保育者が指示をするのではなく、「どのようにしたらよいのか」「今は何をすべき時間なのか」などを子どもたちが自分で考え、答えが出せるようにフォローしています。

梨花が育てたいキモチ

1.積極的なキモチ ~自分で考え行動できる人に~

日常保育や行事のなかで、それぞれが自己発揮できる活動を行っています。
この日々の取り組みから、大人を介さずに子ども同士で協力したり、様々なことに積極的に取り組むようになります。

梨花幼稚園の園児たち2
「生活発表会は全員が主役。子どもの積極性が舞台を創ります。」

梨花幼稚園の園児たち3

2.思いやるキモチ ~やさしさと感謝。思いやりのある人に~

「思いやり」の気持ちはとても大切です。
幼稚園の玩具は、子どもの人数分あるわけではありません。
当たり前のことですが、みんなで共有して使用します。
自分だけでなく、「お友達にも貸してあげるゆずり合う」気持ち。
そんな気持ちと共に、「人の為に行動できる」優しさと「感謝の気持ち」を持つ、豊かな心の成長を育みます。

3.命を尊ぶキモチ ~人間味あふれる豊かな感情を持つ人に~

食べ物の大切さ、育てていく大変さ。
一過性ではなく、「継続」してお世話をする事の大切さ。
食育の一環として、一緒に野菜や果物を育てることで学びます。
土いじりをしながら、小さな生き物も一生懸命生きていることを学びます。
そして、収穫の喜びを味わいます。
また、自然と触れ合いながら、様々な経験を通して情緒を育みます。

 

 

梨花幼稚園の園児たち4